toggle
地域密着型芸能プロダクション

伊藤さやか

埼玉県さいたま市出身、豊島区南大塚在住。
パフォーマー、プロデューサー、演出、ライター、MC、翻訳など
早稲田大学人間科学部人間健康科で心理学を専攻。在校中、テレビの歌謡ショーのバックダンサーとしてキャリアをスタートさせ、卒業後は東京シアターカンパニー「キューポラのある町」主演オーディションの合格を皮切りに、女優、歌手、司会として様々なステージに出演。やがて自身でもミュージカルを作るようになり、T1projectの脚本・演出部に所属し、舞台の演出や、映像作品のプロットライターもつとめるようになる。同時に国際イベントのバイリンガル(日本語、英語)サポートやMCも行うようになり、地元大塚ではおおつか音楽祭に第2回からずっと関わっている。2016年、ロンドンのミドルセックス大学から奨学金を受け、同大学シアターアーツ学部大学院にて、ミュージカルの作り方を学ぶ。「多様性」「民族性を取り入れたコンテンポラリーシアター」「文化的コロニアリズム」などをテーマに舞台づくりを研究。修士号(Master of Thetare Arts)を得て卒業後は、マルチリンガルシアター(多言語演劇)の可能性を追求するInstant MIX theatre labのプロジェクトに参加し、フランス国立高等演劇学校(CNSAD)で上演されたシェイクスピア公演などに出演。2018年春に帰国し、日本人の身体と美学から生まれるミュージカルを作ろうと、劇団MUSICAIを立ち上げる。

MUSICAI公式ページ

伊藤さやか公式ページ